素晴らしい香りのブータン松茸

 国産の松茸と比べても引けをとらない素晴らしい香り!それがブータン松茸の特徴です。

 日本独自のきのこ食文化を形成している松茸も、国内生産がピーク時の70分の1にまで減少し、需要量の98%以上を輸入品に頼っているのが現状です。

 そのうち66%が中国産です。どうしても輸入物の松茸と言うと香りが失われてしまいがちです。しかし、ブータン産松茸は驚くほど素晴らしい香りがするのです。
 また高地で取れるためかブータン松茸はほとんど虫食がありません。

ブータン松茸の産地について

      

 ブータン松茸の主な産地は首都ティンプーの西側に位置するゲネカ(標高2,890m)、ハ(標高2,718m)、国際空港のあるパロ(標高2,235m)、中央ブータンの東側に位置し、年1度8月下旬に地元の人を中心にマツタケフェスティバルが行われているウラ(標高3,188m)、そして、ウラから車で20分以上、山奥に入ったソムタン(標高3,500m)更に奥に入ったシンカル(標高3,515m)です。
 ちなみに、パロから首都ティンプーまでは車で1時間、ティンプーからウラまでは車で9時間くらい掛かります。


  
      

シンカルの松茸林 

        


      
      

毎年8月に松茸フェスティバルが行われているウラ

 


      

パロの高地(標高3,000m)の松茸

     

2017年初収穫の様子 ソムタン

 



ページのトップへ戻る